税理士や弁護士に頼んで問題解決~プロ士業のススメ~

弁護士

会計コンサルティング

裁判

税理士の業務には納税に関するもの・会計に関するものと二つあり、これらが会計事務所の業務という感じになっている……ということを、ここまで書いて来ました。そのほかにも会計事務所の業務はあります。ここに挙げるのは、「現代社会の中にある会社」ということを考えたとき、まさに会社を支える業務ということになっています。「コンサルティング業務」と呼ばれるのがそれで、この不況が深刻化している現代社会の中、特に経営に関しては、さまざまな課題をかかえているところが少なくないのです。そのような課題に対処できる方法などを相談し、助言を受けるのが経営コンサルタントという人たちで、このような業務を会計事務所で働いている人たちが行なってもいるのです。個人で開業している税理士や公認会計士の中には、大きな会社で顧問的にコンサルティング業務を行なうことで、大きな収入を得ている人も多くいます。税理士というと、「士」がついていて高収入を約束されているかのような印象もありますが、そうではなく、さまざまな工夫が要るのです。弁護士や税理士に協力を求めるとコストがかかることもあります。協力を求めた際に支払うそのコストは税理士や弁護士の活動費用として活用されることもあります。弁護士や税理士に頼んでわかりにくい制度の対策を行うことも大切だといえます。そうすることで、できるだけ法的に問題を解決することが可能といえるのです。税理士や弁護士によっては無料相談を行うところもあります。