税理士や弁護士に頼んで問題解決~プロ士業のススメ~

弁護士

社会と会計事務所

女性

公認会計士の資格を持っていれば、税理士の業務を行なうことが出来る。というものがあります。最後に「士」がついている職業を、特に「士業」と呼びますが、この種のお仕事には、重なりあうところがいくつかあるわけです。会計事務所にいる税理士と公認会計士。たとえばほかにも、税理士は行政書士としての活動を行なう資格も持っているのです。しかし、税理士と公認会計士を並べて考えるとき、公認会計士が独占的に行なっている業務というものもあります。その業務を「監査業務」と言います。これは会社によって作成された財務諸表(前の記事に出てきた、損益計算書や貸借対照表といった書類です)をチェックし、その内容に誤りがないかということを見きわめる仕事なのです。これは、「会社を支える」ということ以上に、会社がどのような経営状況にあるかということを、広く外に向けて明らかにすることで、その会社をめぐる株式の売買などに影響を与えます。つまり、資本主義社会が上手く回っていくためには重要な業務ということになっているのです。このように、会計事務所で行なわれている仕事というのはどれも、ひとつの会社、そしてそれが含まれている社会全体のために、欠かせないものであるわけです。そのため税理や公認会計士は必要不可欠な存在であり、個人から企業まで幅広い人に依頼されています。内容によって依頼する士業は異なりますが、相談内容に合ったプロの専門家に依頼をすると良いでしょう。