税理士や弁護士に頼んで問題解決~プロ士業のススメ~

案内

会計コンサルティング

裁判

コンサルティング業務を行うことで、活動費を得ている税理士や公認会計士もいます。企業に協力する業務の一つであるコンサルティング業務は企業の問題を専門的観点から解決してくれます。

Read More...

「会計」の事務所

裁判

日本の社会というものは、言うまでもなく、さまざまな経済的な活動を行なっている会社が支えていて、そこで働いているお父さん、お母さんたちが支えているものです。そして、そんな会社を支えているのが、会計事務所というところです。ここは、さまざまな業務を通して、会社が経営をスムーズに行なっていくことを手助けしている事務所、というような言い方が出来ます。会計事務所ではどんな人が働いているのか、どんな仕事をしているのだろうか?ということについて、これからズラズラっと書いていこうと思ってるわけなんですが、まずは、「会計事務ではどんな人が」というところから始めましょう。会計事務所で働いている人といえば、まずは税理士である。公認会計士である。それから事務員さんがいたり何だったり、という感じである。と、言うことが出来ると思います。「税理士がいる会計事務所」と言うと、何だかちょっと、似合わない感じがするな、と思う人はいるかもしれません。「公認会計士がいるっていうならわかるけど」という感じです。つまり、「会計」が引っかかってるわけですな。しかし、税理士の業務はどんなものなのか、ということを見ていけば、彼らの仕事に「会計」もまた関わってくることが明らかになるはずです。税理士の業務はどんなものなのか――つまり、「どんな仕事をしているんだろうか」ということです。税理士の他にも会社に協力してくれる士業は沢山あります。その一つが弁護士です。弁護士に頼むことで、法的に問題を解決します。

書類の作成

弁護士

税理士や公認会計士は書類の作成を主に行っています。それは弁護士も変わらずといえるでしょう。書類を作成するためには法的規則に詳しい人が必要になってきます。そのようなときに弁護士に頼むといいでしょう。

Read More...

社会と会計事務所

女性

公認会計士の資格は税理士の活動にも活用することが可能といわれています。計算を細かく行い、企業の会計に問題がないか確かめることができるのが公認会計士といわれています。

Read More...